愛媛大学理学部 沿岸環境科学研究センター

research

生活関連化学物質の汚染実態と生体影響評価

医薬品類やパーソナルケア製品等に含まれる化学物質Pharmaceuticals and Personal Care Products (PPCPs)は、近年、学術的・社会的注目を集めている新興環境汚染物質です。我々の生活で日常的に使用されたPPCPsは、主に下水処理施設に流入して浄化処理されますが、一部のPPCPsを除去することができず、下水処理水を介して水環境へ恒常的に排出されています。その結果、下水処理水の放流河川に棲息する水生生物はPPCPsの慢性的な曝露を受けており、その生態影響が危惧されています。元来、医薬品類は特異的な薬理作用を意図して分子設計されているため、それらの作用標的(受容体や酵素等)が種を超えて広く保存されている魚類等の水生生物に対しても、医薬品−標的間相互作用を示すことが予想されています。事実、一部の向精神剤は、魚類等の水生生物に対して生理活性を示し、行動など個体の生存に関わる重要な機能に障害をもたらすことが報告されています。

当研究室では、PPCPsの水生生物に対するリスクを明らかにするため、1) 生体試料に残留するPPCPsの高精度高感度一斉分析法の開発、2) 魚類を対象にしたPPCPsの移行/残留性の解析、3) 体内分布の解明、4) 生体リスク評価等の課題に取り組んでいます。

さらに、近年の新興国・途上国で増大する化学物質の使用・放出は、PPCPsによる深刻な環境汚染を引き起こしつつあります。当研究室では、アジア諸国で水環境試料や魚類等を採取し、局域的・広域的モニタリングを実施して、アジア−太平洋地域におけるPPCPsの地 理的分布や汚染源の解明研究にも挑戦しています。