愛媛大学理学部 沿岸環境科学研究センター

news_event

島﨑真琴さん (大学院理工学研究科博士前期課程2年生) が国際学会「The 39th Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants (DIOXIN2019)」でOtto Hutzinger Student Awardを受賞しました

 

令和元年8月26日(月)~30日(金)に京都国際会館(京都府京都市)で開催されたThe 39th Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants (DIOXIN2019) にて、大学院理工学研究科博士前期課程2年生の島﨑真琴さん(沿岸環境科学研究センター (CMES) 化学汚染・毒性解析部門)が口頭発表を行い、Otto Hutzinger Student Awardを受賞しました。

この賞は、本国際シンポジウムの口頭発表者の中から特に優れた発表を行った学生を対象に授与されるもので、本年度は6件が選出され、島崎さんは日本人として唯一選出されました。

今回受賞した島﨑さんの発表題目は、「Contaminations of Organohalogen Compounds in Pet Cats, Cat Food and House Dust in Thailand」で、理工学研究科の野見山 桂准教授、農学研究科の水川葉月准教授のもとで取り組んだ成果です。ペットネコは人工や天然の有機ハロゲン化合物に恒常的に曝露されており、健康影響との関連が懸念されています。そこで報告事例の乏しい途上国におけるペットネコ汚染実態解明を目的とし、タイのペットネコの血清および汚染源として注目されるキャットフードやハウスダスト中の有機ハロゲン化合物を調査しました。その結果、タイのペットネコはキャットフードを介して先進国と同レベルのPBDEsに曝露されていることを明らかにしたもので、本研究は、途上国を対象にペットネコやキャットフードのさらなる調査の必要性を提示しています。

新しい論文が発表されました。「PCBに曝露されたイヌ脳の標的メタボローム分析はOH-PCBsによる酸化的リン酸化の阻害を示唆する」(Nomiyama et al., 2019, Toxicology and Applied Pharmacology)

新しい論文が発表されました。「PCBに曝露されたイヌ脳の標的メタボローム分析はOH-PCBsによる酸化的リン酸化の阻害を示唆する」(Nomiyama

et al., 2019, Toxicology and Applied Pharmacology)

 

Recently, our scientific paper entitled “Targeted metabolome analysis of the dog brain exposed to PCBs suggests inhibition of oxidative phosphorylation by hydroxylated PCBs” has been published in Toxicology and Applied Pharmacology This study was conducted in collaboration with the Dr. Akifumi Eguchi from Chiba University, Center for Preventive Medical Sciences, and Dr.

Yoo Jean from Environmental Health Research Department, National Institute of Environmental Research, Incheon, Republic of Korea.

 

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0041008X19302285?via%3Dihub#!

新しい論文が発表されました。「イヌ・ネコの甲状腺ホルモン恒常性に対するPCBs曝露の影響」(Takaguchi et al., 2019, Science of the Total Environment)

新しい論文が発表されました。「イヌ・ネコの甲状腺ホルモン恒常性に対するPCBs曝露の影響」(Takaguchi

et al., 2019, Science of the Total Environment)

 

Recently, our scientific paper entitled ‘Effects of PCB exposure on serum thyroid hormone levels in dogs and cats’ has been published in Science of the Total Environment.

This study was conducted in collaboration with the team ofFaculty of Veterinary Medicine, Hokkaido University.

 

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0048969719328736

野島由衣さん (大学院理工学研究科博士前期課程2年生) が” 第46回日本毒性学会学術年会”  学生ポスター発表賞を受賞しました

 

令和1626 () 28 () にアスティとくしまで開催された第46回日本毒性学会学術年会において、沿岸環境科学研究センター (CMES) 化学汚染・毒性解析部門の理工学研究科博士前期課程2年の野島由衣さんが学生ポスター発表賞を受賞しました。
 野島さんの発表演題は「液体クロマトグラフタンデム質量分析計(LC-MS/MS)を用いた脳中神経伝達物質とその代謝物の分析法開発」で、CMESの野見山桂准教授・田上瑠美助教・国末達也教授の指導の下で取り組んだ研究成果です。近年、環境汚染物質曝露による脳神経系の撹乱が注目されています。本研究では、脳内の神経伝達物質およびその関連物質13種を高感度・高精度に測定できる新たな分析法を開発しました。本分析法を用いて神経発達への影響が強く疑われるポリ塩化ビフェニル(PCBs)を曝露した脳試料を解析した結果、ドーパミンの代謝物であるDOPACの有意な減少を確認し、ドーパミン代謝に関与する触媒酵素への影響を示唆することができました。本研究により、環境汚染物質による脳神経系への新たな影響評価手法を提示した点が高く評価されました。

 

環境汚染にかかわる一般向けの書籍「地球をめぐる不都合な物質(ブルーバックス)」が発刊されます

環境汚染にかかわる一般向けの書籍「地球をめぐる不都合な物質(ブルーバックス)」が6月20日(木)に発刊されます。
 
本書中、『第1章 世界に広がるPOPs汚染  ー海生哺乳動物の化学物質汚染と途上国のダイオキシン汚染』について、田辺信介特別栄誉教授・国末達也教授が解説しています。
 
一般の方にもわかりやすく解説されていますので、ぜひご一読ください。
製品名 地球をめぐる不都合な物質 拡散する化学物質がもたらすもの
著者名 著・編:日本環境化学会
発売日 2019年06月20日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-516393-1