愛媛大学理学部 沿岸環境科学研究センター

news_event

追悼 立川 涼 先生

追悼立川先生

廃棄物資源循環学会中国・四国支部奨励賞を受賞しました

平成29年2月19日(日)付で、沿岸環境科学研究センター (CMES) 化学汚染・毒性解析部門の松下尚史さん (大学院理工学研究科博士前期課程2年生) が、廃棄物資源循環学会中国・四国支部奨励賞を受賞しました。

 同賞は、将来の活躍が期待される若手の会員に与えられるもので、今回の受賞は、平成28年9月27日 (火) ~ 29日 (木) に和歌山大学で開催された第27回廃棄物資源循環学会研究発表会での発表が評価されたものです。

松下さんの発表演題は、「有機ハロゲン化合物によるガーナe-waste処理場の土壌汚染 – 不適切な処理にともなう有機化学物質の環境放出 – 」で、CMESの国末達也教授の指導のもとで取り組んだ研究成果です。

松下さんの研究は、有害化学物質の汚染が懸念されているガーナの首都アクラに存在する、電子・電気機器廃棄物(e-waste)処理場の包括的スクリーニングを世界に先駆け実施したもので、先端質量分析機器を駆使した解析から、残留性有機汚染物質やハロゲン系難燃剤の環境放出だけでなく、ミックスハロゲン化ダイオキシン類の非意図的生成を初めて明らかにしました。特に、野焼きなどe-wasteの不適切な処理過程において二次生成していることを突き止め、作業労働者や周辺住民への曝露リスクが危惧されることを提示した点が高く評価されました。

平成28年度日本水環境学会博士研究奨励賞(オルガノ賞)優秀賞を受賞しました

平成28年9月13日(火)~15日(木)、秋田県立大学秋田キャンパスで開催された第19回日本水環境学会シンポジウムで、沿岸環境科学研究センター(CMES)田上瑠美研究員が、「平成28年度日本水環境学会博士研究奨励賞(オルガノ賞)優秀賞」を受賞しました。

 本賞は、水環境に関連する分野の学術的調査や研究に取り組む博士後期課程の大学院生もしくはシンポジウム開催年の前年以降に学位(博士)取得した35歳以下の会員を対象としたもので、選考は、要旨、研究業績および当該年度シンポジウムにおける口頭発表を総合的に評価して行われます。なお、本賞はオルガノ株式会社様のご寄付により実施されています。本年度は、一次審査を通過した6人がシンポジウムで口頭発表し、最終的に最優秀賞が1人、優秀賞が2人選ばれました。

発表演題

「生活関連化学物質による魚類汚染:体内移行残留性と組織分布の解明およびそのリスク評価」

第22回日本環境毒性学会研究発表会「若手研究奨励賞」を受賞しました

平成28年年9月6日(火)~7日(水)、本学城北キャンパスで開催された第22回日本環境毒性学会研究発表会で、沿岸環境科学研究センター(CMES)田上瑠美研究員が、「若手研究奨励賞」を受賞しました。

 本賞は、化学物質等の生態系影響に関する研究の進歩と普及を目的とする日本環境毒性学会主催の研究発表会で、大学院生や実務に就いて間もない若手研究者を対象とした口頭発表の成果が評価されたものです。本年度は、13題の応募があり、厳正な審査を経て3人に優秀賞が授与されました。

発表演題

「下水処理水に残留する生活関連化学物質の魚への取り込みと排泄〜脳移行と残留性の解析〜」

第25回環境化学討論会で優秀学生賞を受賞

第25回環境化学討論会で優秀学生賞を受賞しました!

平成28年6月8日(水)~10日(金)の間、朱鷺メッセ(新潟コンベンションセンター)で開催された第25回環境化学討論会で、本学沿岸環境科学研究センター化学汚染・毒性解析部門の芳之内結加さん(大学院理工学研究科博士後期課程1年生)が博士課程部門の優秀学生賞を、松下尚史さん(大学院理工学研究科博士前期課程2年生)が修士課程部門の優秀学生賞を受賞しました。同賞は厳正な審査を経て、多数の若手対象者の中から7人(博士課程3人、修士課程4人)に与えられたものです。なお、受賞学生の研究は、沿岸環境科学研究センターの岩田久人教授と国末達也教授の指導のもとで取り組んだもので、発表題目は以下のとおりです。

博士課程部門優秀学生賞
●芳之内結加:水酸化PCBによるバイカルアザラシ エストロゲン受容体転写活性化能とその分子機構

修士課程部門優秀学生賞
●松下尚史:ガーナe-waste処理場の土壌に残留する有機ハロゲン化合物の網羅分析

img_1741