愛媛大学理学部 沿岸環境科学研究センター

RESEARCH 研究内容

アジア途上国における化学汚染実態の解明

アジア−太平洋地域には、中国、香港、韓国、台湾、インド、インドネシア、マレーシア、フィリピン、ベトナムなど急速な経済成長と人口増加をみせる国々が存在し、世界で最も人間活動・産業活動が活発な途上地域です。一方で、こうした新興国・途上国では、PCBs含有廃棄物の管理、ダイオキシン類等非意図的生成物の発生源対策、病害虫駆除のためのDDT等有機塩素農薬の使用、石炭燃焼による水銀の放出などについて、経済的事...

生物環境試料バンク(es-BANK)を活用した環境・生態系汚染の歴史トレンドの解明と将来予測

先の震災のような災害が発生した際や、新たな化学物質による汚染が社会問題化した場合には、「その汚染はいつ始まったのか?」「どこまで広がっているのか?」「今後どうなるのか?」といった疑問が生じます。これらの疑問に答えるには、汚染実態の時空間的な解析が必要であり、現在の汚染レベルを発生源周辺で計測するだけでは不十分です。過去に立ち返って汚染の歴史と広がりを解析し、かつ各種化学物質の生産・使用実績等を踏ま...

野生生物における有機ハロゲン化合物の代謝活性化過程

PCBsやPBDEsなどの有機ハロゲン化合物は、多様な野生生物から検出され、今なお高次生態系の汚染が顕在化しています。近年、これら有機ハロゲン化合物は親化合物だけでなく生体内代謝物(OH-PCBs, OH-PBDEs)の毒性も問題視され、とくに甲状腺ホルモンや脳神経系への影響が危惧されていることから、生物の行動異常に関わる物質として高い学術的関心を集めています。しかしながら、野生生物に残留する代謝...

生活関連化学物質の汚染実態と生体影響評価

医薬品類やパーソナルケア製品等に含まれる化学物質Pharmaceuticals and Personal Care Products (PPCPs)は、近年、学術的・社会的注目を集めている新興環境汚染物質です。我々の生活で日常的に使用されたPPCPsは、主に下水処理施設に流入して浄化処理されますが、一部のPPCPsを除去することができず、下水処理水を介して水環境へ恒常的に排出されています。その結果...

微量分析法の開発

当研究室では、化学物質の環境動態や代謝・分解挙動、生体影響を解析するため、先端分析機器を用いた高感度な定量分析法を開発して多様な環境試料・生物試料を分析しています。化学物質の影響を評価するには、まずそこにどれだけの物質が含まれているか理解する必要があります。その意味では、分析法開発とモニタリングが、すべての研究の基礎であると言えるでしょう。 1. 有機汚染物質 (1) 有機塩素化合物・臭素...